炭酸パックはお肌にいい♥

 

お肌がきれいになると話題の炭酸パック。
試してみたい!効果はどうなんだろ?って気になってる人も多いのではないでしょうか?

炭酸パックの効果は主に2つ!
・角質や皮脂やメイクなどの汚れをオフ
・ターンオーバーを促進

角質や皮脂が原因で起きてしまうのが、毛穴の黒ずみ…
お肌の悩みに多い毛穴の黒ずみも解消できるのが、炭酸パックのうれしいところです。

ターンオーバーが促進されると、古い角質がどんどん排出されていきます。
するとくすんで見えた肌色もトーンアップして、透明感がある明るいお肌に…!
お肌が新しく生まれ変わっていくので、ごわごわした肌も柔らかいお肌にかわっていきます。

ターンオーバーが促進されるのは、炭酸で血行が促進されるからです。
血流がよくなるとお肌に栄養がいきわたるので、どんどん健康なお肌に…!

敏感肌の人にとって健康なお肌って憧れますよね。
お肌が健康になると、肌荒れもしにくくなるので敏感肌の人にもおすすめです。

でも注意しないと健康な肌になるどころか、肌荒れを起こしてしまうかも…という炭酸パックもあるんです。
健康になりたくて使ったのに、逆効果だったなんて悲しいですよね…。

 

敏感肌さんは使用NG?注意したい炭酸パックって?


実は炭酸パックで効果があるかどうかは、濃度によって違います。

血流を促進する効果があるといわれているのは、炭酸濃度1,000ppm以上のもの。炭酸が薄いとお肌に浸透する前に炭酸が消えてしまって、血流を促進するまでにはならないからです。

汚れをオフする効果は肌に浸透するかしないかが関係しません。だから、炭酸濃度が高くなくても大丈夫なので安心してください。

 

さて、本題に入りますね。
敏感肌の人におすすめできない炭酸パックは、刺激が強すぎるものです。

強い泡が効果の証拠!みたいに書かれているパックもありますが、泡の刺激が強ければ強いほど効果がある!というわけではありません。刺激は炭酸がはじけるときに起こります。炭酸がはじけてしまうということは、効果もはじけて消えているということ。

「痛み=効果ではない」ので注意!

炭酸の泡でも刺激になるので、泡のはじける刺激は肌が弱い人には大きな負担…。
パックが原因で肌荒れしちゃった…ってことにもなりかねません。

敏感肌さんは刺激が強くなくて、濃度が高い炭酸パックを選びましょう!

 

敏感肌でも使える炭酸パックは?

 

ぱちぱち痛くない!おすすめの炭酸パックはセルフューチャーの【泡立つホワイトパック】です。

いまTVでも話題になっている炭酸パックですね。

ジェル状になっていて肌に塗るとしゅわっと細かい泡に変わるのが特徴。
泡が大きくないので、しゅわしゅわはじける時にもほとんど痛みを感じません。痛いというより、くすぐったく感じます。

炭酸の濃度は公表されていないですが、ホワイトパックの素になってるラムネ温泉の炭酸濃度が約1,400ppm。
泡がすぐ消えてしまう感じもないので、濃度が低すぎる…という心配はなさそうです。

>> 泡立つホワイトパックをチェック♥