泡立つホワイトパックって?

テレビショッピングで話題の化粧下地シルキーカバーオイルブロックって知っていますか?
【泡立つホワイトパック】は、シルキーカバーオイルブロックと同じセルフューチャーという会社の炭酸パックです。

 

実はこの泡立つホワイトパックはとっても手軽な炭酸パック。
炭酸パックというと、薬剤を混ぜたりラップで覆ったり…手間がかかるイメージですよね。
泡立つホワイトパックはジェル状になっていて、顔に塗るだけでパックができちゃうスグレモノ!

ジェルを塗って30秒でもこもこ泡に変わる!という不思議なパックです。

 

そんな泡立つホワイトパックをたまたまネットで見かけて気になったので、早速購入してみることにしました…!

 

泡立つホワイトパックを本音でレビュー!

買う前に敏感肌でも使っていいのか気になったので、カスタマーセンターに電話してみました。
すると、「刺激はほとんどないので、敏感肌の方でも安心して使えますよ!」とのうれしい答えが…!!

安心して買うことができました(^^)/

 

でも本当に刺激がないのか気になると思うので、そこもしっかり本音でレビューします!

届いた泡立つホワイトパックは赤いボトルに入っていて、思ったより大きいサイズでした…!
ネットの商品って実際見ると小さいということが多かったのでびっくり。


箱の横に成分がしっかりかかれています。

 

早速炭酸パックを体験…!

手の甲をつかって肌の明るさに変化があるのか?!実験しながら試していきましょう。

ジェルは不透明な白色です。よくある普通のジェルという感じですね。

 


かるーくぬり広げていくと、だんだん泡ができてきます。

 


正確な時間はわかりませんが30秒しないくらいで、ジェルを塗ったところがもこもこの泡に変わります。
横から見ても厚みがあるくらいのもこもこ感!
痛みは全くなくて、泡の刺激がちょっとくすぐったく感じます(*’ω’*)

「1分でパック完了」ということでしたが、なんだかもったいなくてそのままパック続行!
すると、だんだん泡が大きくなって消えてジェルに戻りました。
気になってジェルを触ってみると、また少し泡が発生…!まだ炭酸が残っていたみたいです(笑)

 


充分泡パックを楽しんでから、ジェルをふき取るとこんな感じ。パックした方としていない方ではちょっと違いが出ているような…?
よーく見るとパックした方は、肌の赤みがとれて明るくなっています。
パック前は全体的に赤みがかっていたのに…。
1回のパックで見た目の変化があると思わなかったのでびっくりしました。

この後、顔全体にもパックしましたが痛みはありませんでした。
ジェルを洗い流すときにぬるっとする感じがありますが、つよくこすらないように注意してください。(ぬるま湯でやさしくオフしましょう…!)

 

※ パックするときの注意点 ※

体温が低いと泡が立ちにくいので、お風呂あがりなどからだがあったまったタイミングで使うのがおすすめです。(実験するのに冷たい手でパックしたら泡が出なくて失敗しました…)

また、ジェルの量も少なすぎると泡立ちがよくないので、肌の表面がしっかり覆える量を使いましょう。

 

泡立つホワイトパックを使ってみて…

セルフューチャーの泡立つホワイトパックは1回のパックでも、なんとなく肌のトーンが明るくなるのがわかりました。
使い続けていけば、しっかり肌の明るさや透明感が実感できるようになりそうです。

皮脂汚れを落としてくれるのか、パック後は毛穴のぼつぼつ感が減ってつるつるな手触りに…!
(わたしは毛穴がへこむより盛り上がってしまうタイプです)

何回か使用して毛穴汚れも少なくなってきたので、毛穴レス女子になる日も近いかも!?

 

1本4,000円くらいですが2か月使えて効果もある!って考えるとコスパは抜群ですね。

 

気になっていた炭酸の刺激ですが、敏感肌でも痛みがなく使うことができました。
泡がもこもこ発生するときの刺激がくすぐったくて、ちょっと気持ちよく感じるくらいです。

炭酸パックをしてみたいけど、痛いのはコワイ…
敏感肌で刺激が強いのはちょっと…という人にもおすすめできる炭酸パックでした。
(肌荒れがひどいときにはジェルがしみることもあるので注意です…!)
 

▼ 詳細はここから♡